ブログ

料理教室 ローストチキン

こちらへ帰ってきて、月曜日から長女の学校も始まり、毎日充実した日々をすごしてます。

火曜日は、日本人奥様による料理教室へ行ってきました。

ロシア料理というか、Mさんオリジナルのおもてなし料理だそうで、ロシアのスーパーで売られている調味料を使います。

前日に下味をつけておき、それをオーブンで焼くというもの。

私は子供たちのお昼寝後に参加したので、着いた時にはすでに料理は完成して、丁度食べるところでした。

なのでお友達の料理メモを撮らせてもらいました。

これだけ読むと、なんだか恐ろしい文章ですが、最初の文章は、おしりから残っている内臓を取り出すということです。

皮をフォークで刺して、味をしみこみやすくさせるんですね。

そして、鶏の中に野菜たちをつめこんで、オーブンで焼く。

鶏の周りに野菜を置いて焼くのは、香り付けの意味があるそうで、皮やヘタも使って、食べる前に取り除くそうです。

簡単なので、さっそく作ってみようと思います。

無添加おうちごはん
無添加おうちごはん

食べる直前なので写真もこんなことに・・・

無添加おうちごはん
無添加おうちごはん

味はもちろんおいしいです。

中の野菜たちもほくほくだし、鶏の皮はパリパリ。

この料理に使う、ロシアで売られていてる調味料には、袋も一緒についていて、鶏をその袋に入れて、そのままオーブンに入れるそうです。こうすると本当に柔らかく仕上がるみたいです。

実際に見てないので想像できないけど、絵で見るとビニール袋のようなそれをそのままオーブンに入れるなんて、なんだか抵抗があります。

これはやってみないとわからないので、娘の誕生日に早速焼いてみようかしら?!

-ブログ