ブログ

キッズフィットネス

昨日は、放課後何の予定も入れなかったので、子供達とジムに行ってきました。

村には、村に住む人だけが使えるプールやジムなどの運動施設があります。

ホールが空いていたので、そこで走り回ったり、ボール遊びをしてました。

すると、どうやらスタジオプログラムが始まるらしく、5歳くらいのロシア人の女の子が2人子やってきました。

長女は同い年くらいの子供を見つけると、嬉しくなってすぐについていきます。

ロシア人の女の子が娘のことを「ジェーブシカ」(女の子という意味)おいで」と誘ってくれたのが分かったので、

一緒に遊ぼうって言ってるよ~って教えてあげると大喜びで遊びだしました。

3人で、電車ごっこや追いかけっこをしていました。

しばらくすると、先生がやってきました。

何のプログラムか分からなかったで、受付に案内をもらいにいくと、今から『キッズ フィットネス』というプログラムが始まるようです。

プログラムは、有料のものと無料のものがあり、今回は無料のプログラムのようです。

ロシア人の子供が5人。先生もロシア人。

プログラムには5歳からと書いてあったのですが、ばれないだろうと、しれ~っと紛れ込みました

先生に挨拶して、娘の名前と、今日が初めてだと伝えました。

もし、5歳からと言われたら、言葉が分からないフリをして、断れれたら帰ろうと思ったのですが、

先生がどこから来たのか聞いてきたので、ロシア語で

「日本人で、ロシア語があまり話せません」

と伝えると、急に先生が笑顔になって

「ワタシは ニホンガ ダイスキ デス」と日本語を話しだした。

私が 「オーチン ハラショー」 (すごい)と言うと、

「ガンバッテクダサイネ」と普通に受け入れてくれたの、長女を残してホールを去りました。

こうしたプログラム、基本的に親は終わるまで外で待っていないといけません。

他のロシア人ママは、カフェに座ってお喋りをしてます。

私は、次女と遊んだり、こっそりホールを覗きに行ったりしました。

プログラムは40分。

音に合わせて踊ったり、体操をしたり、小さなダンベルを両手に持って上げ下げしたり、階段の上りおりをしたり、先生と追いかけっこをしたり・・・

とても楽しそうです。

先生も、初めての娘にたいして、何度も何度も「マラディエツ」(良い子ね~みたいな感じ)と褒めてくれていました。

長女も気に入ったようなので、毎週水曜日はキッズフィットネスに通うことにしました。

来週はプールも行ってみよ~

-ブログ