おでかけ

オイスターアイランド

昨日は、目的地まで車で2時間かかりました。

参加者は20人ほど。車五台に別れていきました。

無添加おうちごはん ロシア編

目的地の湖の近くまで来て、あと少しで到着かと思ったら、ここからは漫画に出てくるような波線のような道が6kmも続きました。

舗装された道路のありがたさをよ~く感じました。

こんな場所、他に来る人はいないだろうと思っていたら、人気のスポットらしく、すでに人がいました。

無添加おうちごはん ロシア編

こんな面白い車も発見。

この車なら、どんな道でも行けそうです。

無添加おうちごはん ロシア編

無添加おうちごはん ロシア編

小雨も降っていて、気温は10℃以下。トイレはもちろんないし、寒いので、みんなが潮干狩りをしている間、子供とテントに篭って暖をとっていました。

持参したボートにはモーターがなく、手漕ぎのゴムボートで島へ渡る予定でした。

手漕ぎの練習をしていたら、そのあたりにいたロシア人のおじさんが、今は引き潮だから、海に流されないように気をつけなさい。手漕ぎボートで島に渡るのは危ないと忠告してくれました。

確かに周りを見渡すと、胴付き長靴ではなく、潜水服のようなウェットスーツを着て、モーターボートで島へ渡っている人が殆ど。みなさん完全装備です。

もしかして本職?!

無添加おうちごはん ロシア編

持参したボートが使えないと分かってガッカリ。

しかし、ラッキーなことに、その辺にいた親切な人がボートに乗せてくれることになり、3人ほど牡蠣島へ渡ることができました。

アサリをとる人、網で海老をとる人、釣りをする人・・・みんなそれぞれ楽しみました。

みんな普通のサラリーマンなのに、漁師さんのようでした。

1時間くらいしたところで、アサリと海老組が戻ってきたので、BBQが始まりました。

バケツの中には10cmくらいの海老と蟹がいました。

子供たちはバケツに手を突っ込んで蟹を触ったり、動く海老に驚いたり、キャッキャと喜んでいました。

網でとれた海老は、その場で素揚げ。

さっきまでバケツの中で動いていた緑の海老は、揚げると綺麗な赤になりました。

とても美味しかったです!

BBQが盛り上がってきたところで、牡蠣組が帰ってきました。

笑顔で手を振る3人を見て、私たちの期待は膨らむばかり。

戻ってきたボートを覗くと、そこには牡蠣の山。

無添加おうちごはん ロシア編

無添加おうちごはん ロシア編

さっそく牡蠣打ちです。

トンカチやナイフを使って牡蠣をあけました。

殻が飛びしるし、力もいるので大変な作業でした。

無添加おうちごはん ロシア編
無添加おうちごはん ロシア編

網で焼いて食べても美味しかったです。

身が大きく、味の濃い、美味しい牡蠣でした。

私は牡蠣島に渡ってないので、島の様子は分かりませんが、牡蠣が簡単に取れるのには本当にびっくりです。

しかもさっきまで生きていたのをその場で食べれるなんて・・・

最高の贅沢!!

他には、その辺でとれたウニを網で焼いたのも美味しかったです。

釣れた魚も焼いて食べてました。

カキフライセットを持参した人がいたので、カキフライまで食べることが出来ました。

無添加おうちごはん ロシア編
無添加おうちごはん ロシア編

自然の恵みを満喫しました。

無添加おうちごはん ロシア編

水道もトイレもない場所で、こんなにちゃんとBBQが出来るんだな~と感心しました。

テント張りやBBQの準備などを率先してやってくれた男性陣や幹事に感謝です。

作った牡蠣料理につていは次回。

ブログランキング 海外生活ブログ

読んだよのクリックしてね

-おでかけ