子育て

ジョセフィーンとクッキー作り

水曜日はジョセフィーンが遊びに来ました。

過去何度もやっているせいで、ジョセフィーンは我が家に来るとクッキー作りが出来ると思っているみたいで、ランチの前から「クッキー作ろうクッキー作ろう」と言っていました。

なのでランチをパパッと済ませ、リクエスト通りクッキーを作ることに。

いつも家にある材料で適当にレシピを探して作ります。

この日はバターが家になかったので、バター無しクッキーにしたらやっぱり風味が物足りなくて素朴な味でした。

いつも同じ型を使ってるけど、全然飽きないようです。

粘土でも同じように型抜きばっかりしてるし、なんで子供ってこんなにこの作業が好きなのかな~

今度日本に帰ったら可愛い型を買いたいな。

半分くらい生地がなくなると、いつもの型抜きクッキーにも飽きた2人は、創作クッキーを作り始めました。

花やアルファベットの形にしたり、星型に飾りをつけたり、人形型にオムツをはかせて赤ちゃんクッキーにしたり、顔をつくったり・・・

クッキーより粘土遊びに近くなってきたけど、子供たちの発想は面白い。

子供たちを作業を観察していると、ジョセフィーンは雑だけど手際よく、長女は丁寧だけど遅いというのが分かりました。

個性って面白い!

ジョセフィーンは家族のために、全員分のアルファベットクッキーを作っていました。

彼女のこうゆうところが可愛いくて好き。

かなり厚みがあったので、ばれないようにこっそり私が手直ししました。

形や厚さがマチマチで焼き加減が難しかったけど、なんとか完成!

出来上がったクッキーをキティちゃんの袋に入れて、お迎えに来たリチカに渡しました。

すると、「サプライズクッキーだったのに!」と怒り出すジョセフィーン。

どうやら自分で渡して家族を喜ばせたかったみたい。

焦った私はすぐにジョセフィーンクッキーを渡して、「見てみてキティの袋だよ」と話を逸らしました。

それを見てコロッと機嫌を直したジョセフィーンは笑顔で帰って行ったのでした。

私もクッキーは飽きたから次は違うことしたいな~

クッキーを混ぜる際、砂糖や粉を床にこぼしてしまった子供たち。

もちろん掃除をするのは私だけど、夕食の準備に追われてそれを隅に寄せたまま放置していたら、翌朝台所が蟻だらけになっていました。

少しでも掃除を怠ると、すぐに元気いっぱいな蟻たちの餌になってしまいます。

短い夏に一生懸命活動している蟻には悪いけど、本当に迷惑。

春夏は良い時期だけど、虫との戦いの季節。

掃除怠らないように気を付けます。

-子育て