料理教室

ロシア料理教室 ビーフストロガノフとスープ・ラプシャ

昨日はお友達にロシア料理を教えてもらいました。

作ったのはスープ・ラプシャとビーフストロガノフとイチゴ入りのヴァレニキ。

スープ・ラプシャは麺入りのスープ。

骨付きの鶏もも肉でブイヨンをとり、イタリアンパセリ、ニンニク、ディル、パスタ、野菜が入っています。

味付けは塩コショウだけ。

香りが良くて食欲をそそるスープです。

ビーフストロガノフは今回は豚肉とマッシュルーム、玉ねぎを入れて作りました。

火を通す前に小麦粉をまぶすのでお肉がプルプルで美味しかったです。

スメタナと呼ばれるロシアのサワークリームがたっぷり入るのでコクがあります。

名前からして難しそうな料理ですが、短時間であっと言う間に出来上がったのでびっくりしました。

最後にヴァレニキに冷凍イチゴと砂糖を入れて包み、水餃子のように茹でて、デザートに食べました。

どれも凄く美味しかったので、来週1人で作りたいと思います。

さて、ビーフストロガノフと言えば、徳島製粉のCM。

十年以上も前だし、出身地の違うパパには分かってもらえませんでした。

そのCMはこんな内容・・・

あるお見合いの席で男性が「得意料理は?」と尋ねると、女性が「ビーフストロガノフ」と答えるのですが、直後に女性の友達グループが乱入してきて、
「嘘、嘘、オーウソ!八分目でゴメンしか作れない女!!」
と歌い、ビーストロガノフどころか、カップ麺しか作れない女だと暴露します。
それに対して男性はなぜか「素敵だ!」と言い、友達グループがガッカリするというオチです。

そのCMを見てからビーフストロガノフはかなり難易度の高い外国料理だと思い込んでいたので、こんなに簡単に作れてびっくりしました。

-料理教室