ブログ

餃子 ごぼうのてんぷら

昨日は日本人のみなさんと集まって、皮から手作り餃子を作りました。総勢14名。

中国の海外赴任経験者であるUさんが全て準備してくださったので、私たちは皮を伸ばして、タネを入れて包むだけでした。

中国で習ったというレシピで、ロシアで売られているモカ(小麦粉)を使って作った皮は、とても扱いやすく、モチモチしていました。

ロシアの小麦粉はほとんど中力粉らしいです。

うどんに向いているのだとか。

手作りなので、一つ一つ皮の厚さや、大きさ、形がバラバラ。

でもみんなで作るとそれさえも楽しい!!

タネは、ニラの代わりににんにくの芽を入れたそうです。

にんにくの芽は市場で普通に売られています。

買ったことないんだよね~今度買ってみよう!

焼きあがりこちら ↓

無添加おうちごはん ロシア編

見た目はいまいちだけど、本当においしかったよ~~~

私は掻き揚げを作ってもっていきました。

日本から持ってきていた最後のごぼうで、ごぼうの掻き揚げ、にんじん玉ねぎ青海苔の掻き揚げ。

ごぼうのてんぷらは男子ごはんのレシピを参考にしました。

レシピはこちら
を参考にしました。

無添加おうちごはん ロシア編

お酒のつまみに良い感じ!

ごぼうの風味と食感がとても良い!

しかも簡単で少ない材料でできるのが良い。

それにしても・・・

気を使うこともあるけど、何の苦労もなく伝えたいことを伝えられる日本人同士って楽!!!

いろな国の人と一緒にお茶したり家を行き来するのも刺激的で楽しいけど、

早く英語で自分から冗談言ってハハハ~~~って笑えるようになりたいわ♪

-ブログ