ブログ

実験① 濡れたタオルを外で振り回す 失敗編

2013-01-17 10:36:52 の記事当時はロシアに住んでいました。
==

当然ですが、毎日毎日寒い日が続いております。

朝8時、温度計はマイナス22度でした。

同じ村でも、場所によってはもっと冷え込むそうで、人によっては、今日はマイナス30度近くまでいったね!!

なんて言ってる人もいました。

学校の登下校時、寒くて鼻水が出るから鼻で息を吸うと、パリパリっと、音はしないけど、そんな感覚を鼻に感じます。

素肌が出ているところは、チリチリ痛みます。

耳や手は素肌だと耐えたれないので、帽子と手袋は必須です。

外に出るときは、ニット、ユニクロのフリース、日本で買ったロングダウン、帽子、手袋、したは普通のデニム、滑り止めの付いた長靴。

いつもこの格好です。

下半身が冷えますが、学校と家の往復ぐらいなら、これで耐えれます。

でも、上下スキーウェアを着ている人も多くなってきました。

寝起きすぐ、気ぐるみのように着込まされ、否応無しでマイナスの世界へ連れて行かれる一歳の次女。

しかもソリでゴトゴト揺られ、座ってられず倒れたり、長女に押しつぶされたり・・・

かわいそうに思うけど、仕方ないよね~逞しく生きてくれと願うだけです。

そんな寒い国ロシア。

ロシアに来て、やってみたかったこと、色々あるのですが、今日はその第一弾。

濡れたタオルを外で振り回したらどのくらいで凍るのか・・・

数分間やってみたのですが、軽装で挑んだため、途中で寒さに耐え切れず、タオルを外にかけたまま家の中へ逃げました。

当然実験失敗です・・・

外に放置したタオル、一時間後にはカチンコチンに凍っていて、自立するほどです。

それをみた長女は大爆笑!!

明日は、ちゃんと準備してこの実験を成功させたいです。

お昼よりも、朝の一番寒い時間にやるのが良さそう。

他にも、バナナで釘を打ったり、濡れた髪の毛のまま外に出てみたり・・・

ここでしか出来ない実験を楽しみたいです。

無添加おうちごはん ロシア編

-ブログ